スタンドアローンコンプレックス5~ストレンジャー

深夜の新城

 ビリー・ジョエルの歌は前世紀に聞いたストレンジャーでビリビリした記憶がある。
 動画も新旧入り混じってるが、やはり全盛期の若い頃のビリーのストレンジャーの動画がみずみずしさがあっていいなと思う。
 当時は発達障害の概念など日本ではまだ誰もしらなかったが、ストレンジャーはまさに発達障害者の歌だと思う。
 ビリーの歌ではストレンジャーが一番好きだが、『素顔のままで』もいい歌だと思う。

 ビートルズや最近のJ-POPを聴いてもビリビリしないが、ビリー・ジョエルやマイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーやアース・ウィンド&ファイヤーなど1970年代後半から80年代のロックを聴くとビリビリする。
 やはり音楽は、自分のストライク世代の音楽がソウルフードならぬソウルミュージックといえるだろうか。
 音楽のジャンルはソウルよりはロックの方が好きだけど、好きなロッカーはマイケルなどの黒人ロッカーが多いように思える。

 「自分探しは究極の現実逃避」という言葉もあるが、自分にとって今そこにいる自分は、社会に受け入れられず秀でた才能も持たない産廃物のような社会不適応者という、到底受け入れがたい自分である。
 世界的な有名なスティービー・ワンダーは、黒人で盲目のロッカーという二重のハンディキャップを背負ったロッカーだが、障害者の誰もが、彼のように秀でた才能を持ってるわけじゃない。
 社会がすべきことはスティービー・ワンダーのように秀でた才能を持った障害者を持て囃すことより、自分のような秀でた才能を何ひとつ持たない障害者でも社会に受け入れられるようにバックアップすることだと思うが、それを口にすれば、健常者からは「そんなの甘え」「自分の力で何とかしろ」とか雨あられのように自己責任論が浴びせられる。
 ツイッターなどのSNSを見てると特に顕著だが、日本はとかく自己責任論や同調圧力が酷いように思える。

 自分にとっての最大の命題は「何も無い自分を認め受け入れる」ことだが、現実が「何もしない」ことを受け入れてくれなかった。
 世間からは「大人のいやいやえん」と揶揄されてる作業所にも行きたくなかった。
 自分の脚で歩いて生きてるだけでも褒めてほしいと思うことはそんなにいけないことか。

 ストレンジャーは古の時代はまれ人と呼ばれ、あるときは神のように扱われ、あるときは異端者として忌み嫌われたり弾圧されたりした。
 発達障害者は後者が大半だが、どちらにしても日常から切り離されたよそ者として扱われているわけである。

 思えば自分はどこにいてもストレンジャーだったように思うが、ストレンジャーの自分は常に If onry had the words と自問自答してるように思う。
 どこの企業にも雇ってもらえず、社会から受けれられず社会からドロップアウトした、発達障害で社会不適応者の自分はどこに行ってもストレンジャーだった。

 ストレンジャーはよそ者のことだが、どこに行ってもよそ者の自分は、どこに行っても孤独なスタンドアローンな存在だった。
 
  ストレンジャーは人知れず仮面を外して自分にだけ素顔を見せる男の歌だが、仮面を被って社会に適応することすらできない自分は、常に「素顔のままで」も自分を受け入れてくれる、自分の居場所を探し続けていた。

 If onry had the words

 もし、自分の言葉があったなら―

 だいたいビリーの歌で語れてしまうような自分の人生なんて、ちっぽけな人生だよな。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン



三毛猫バンバン(300)

image.jpg

根無し草って悲しいよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

こういう曲も、あったんですねぇ・・・
なかなかに良い曲ですね^^
自分は『ビリー・ジョエル』では、『プレッシャー』と『オネスティー』が好きです^^
Twitterでは最悪の場合、発達障害の生活保護受給者や障害年金受給者の事を「乞食」とか言ってる奴も多いですが・・・
そんな事を言ってた連中の中にも、今回のコロナ禍でどれだけの人間が、自分が生活保護受給者に転落するのかと思うと、言っちゃ悪いが溜飲が下がる想いですw
自分も何の能力も取り柄も無く、『セブンイレブン』を3日でクビになった時点で「所詮、自分はそこまでの人間なんだ・・・」と悟りましたが、こんな自分でも褒められる点があるとすれば、無能な遺伝子は自分の代で終わらせる事が出来たという点ぐらいなもんでしょうか?

No title

日比谷中尉、おはようございます\(^o^)/

プレッシャーとオネスティもいい歌ですよね。
どの歌が好きにせよ、ウチらの世代はビリー・ジョエルはどストライク世代ですよね。
ビートルズファンにいったらぶん殴られそうですが、やはり自分のストライク世代の歌が一番ビリビリします。

発達障害者は社会のお荷物とかいって、社会で受け入れないのに、社会で受け入れられない発達障害者が生活保護受ければ叩くし、ツイ民はクソしかいないですよね。
自分はまーちゃんからツイッターブロックされたのがショックでアカウント消してしまいましたが、それが無くてもいずれツイッターやめてたと思います。

それいったら、自分なんかバイト一日でクビになったことありますよ。
下には下がいますから安心してください。
障害者同士の恋愛は、互いに寄り添って支え合う前に、互いに共倒れになるイメージしかないですね。
自分の遺伝子を遺さないのが、自分ができる唯一最大の社会貢献だと思ってます。

No title

ストレンジャー、よそ者と訳すと異端者みたいで違和感を覚えますが、知らない人と受け止めれば普通の言葉なんですよね。
自分が若かった60年代、70年代のころは流浪の人という感じで、ある意味憧れでした。
ヒッピーと同義語みたいにとらえていたのかと。自由人かな。
その象徴が映画「イージーライダー」でした。体制に反発して自由に生きる。
とにかく自分の中でのストレンジャーは格好いいものでした。今思うとちょっと違うようにも思えますが(^^♪

No title

余裕がないからなのかもしれませんが、
社会で適応できない人を過剰に叩くというのは、
本当によく見る光景になりましたね。
全員が全員上手く生きていける訳ではないので、
生きているだけでも偉いと言ってくれるような、
そんな寛容な社会になって欲しいものですね(><)
最近はネットでも隙あればマウント取りや他人叩きをする人が多くて辟易しますね。

No title

こんにちは。

今回お書きになられた文章には拍手を10回くらい連打したいほどの気持になりましたよ。
僕自身も実生活では(そしてしばしばネット上でも)ネチコマさんと同じ様な事を思いますから。
でもここで「うんうん、解るよ」何て言うと凄く軽いというか薄っぺらい様に思えるので言いませんけれども。
そして長文でだらだらとコメント書き綴るのも違う気がするので相変わらず短い文章になっちゃいますが、
少なくとも同じ様な事を考える時が有るという事をわかって下されば良いなあと。

ビリージョエル氏の曲。ストレンジャーは歌った事がないですが、オネスティなら散歩中の鼻歌で歌います。
僕はカラオケなどが大っ嫌いなのですがどうしても歌わなきゃならなかった時(リーマン時代の無理矢理参加させられる忘年会とか)こういう日本語の全く無い歌を歌って周りをけむにまいていたものでした。
その頃は発達障害の診断は受けてませんでしたが周りからは変人だと思われていた様です(笑)

No title

ミドリノマッキーさん、こんばんわ(^∇^)ノ♪

知らない人って所謂他人ですよね。
発達障害者の自分はなまじっか他人と親しくなってしまうと、嫌われてしまうことが多いので、親しくなって嫌われるくらいなら、永遠の他人でいた方が互いのためだと思います。
ストレンジャーがよそ者になると違和感があるけど、見知らぬ人になるとミステリアスになりますね。

イージーライダーは名前しか知りませんが、マッキーさんは世代的にはビートルズストライク世代ですよね。
生憎自分はビートルズストライク世代ではありませんが、ウチの父親が大のビートルズファンで、新しいアルバムが出る度に買ってます。

こんばんは

ビリー・ジョエルの曲は結構聞きました。
MP3化した曲を久しぶりに聞きました。
歳を重ねた結果かもしれませんが、最近の曲で
好きなものは少ないです。

No title

ツバサさん、こんばんわ(^∇^)ノ♪

ツイッターで福祉のお世話になってる障害者を叩いてるのはよく見かけますが、発達障害者を自己責任と叩くなら、福祉に辿り着けない自分の無能も自己責任だと思います。

自分の給料が生活保護より安いなら、差額を生活保護としてもらうこともできるのに、それもしないで憂さ晴らしに叩く連中こそ怠慢としかいいようがありません。

自分のもらってる給料が生活保護より安いのが不満なら、生活保護を叩くより、福祉事務所に給与明細や預貯金通帳を持っていって、差額を生活保護としてもらった方がいいと思います。

No title

いぬふりゃさん、こんばんわんこー(^∇^)ノ♪

いえいえ、いつも拍手とコメントありがとうございます(^∇^)ノ♪
いぬふりゃさんに共感してもらえて、とっても嬉しいです( ;∀;)
首から下の障害は同情してもらえるけど、首から上の障害者はサンドバックみたいに全方位から叩かれますよねぇ。
周りとちがう人や枠からはみ出した人を、寄ってたかって袋叩きにする日本人は陰湿極まりないですね。
日本人は暴力にあまりにも無自覚だと思いますが、人間が最も残酷になれるのは、周囲と同調して集団で暴力を振るうときだと思います。

自分はストレンジャーが好きだけど、オネスティもいい歌ですよねー。
ストレンジャーの他にはピアノマンとかムーヴィンアウトも好きです。

No title

ichanさん、こんばんわ(^∇^)ノ♪

いわれてみれば、最近の歌は聴いたことないですね。
そもそも最近は新曲リリースされてるんでしょうか。
やはりビリーはストレンジャーがヒットした70年代末期から80年代初頭が全盛期だったような気がします。
アクセスカウンター
プロフィール

荒野のネチコマ(仮)

Author:荒野のネチコマ(仮)
ネチコマ、ネチコマ。

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
ポチっとお願いにゃん
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
8028位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
413位
サブジャンルランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR